【BeforeAfter】部屋の心地よさは、精神に影響します

大阪 “暮らしと片付けコンサルタント”
“親・子の片づけマスターインストラクター”
井上知恵子です。

 

「衣装ケース」や「クローゼット」=衣装しか入れてはいけない?


家の中の収納スペース、どこに何を入れるのか?

ものすごく迷いますよね。

 

以前にも書きましたが、名前に惑わされる方も多いので

 

「衣装ケース」や「クローゼット」=衣装しか入れてはいけない

 

と思い込んでおられる方も多い。

というか、その方が一般的かもしれないと思う今日この頃。

 

 

 

 

現在、一軒丸ごとでお伺いしているお客様もそんなお1人。

 

転勤族ファミリーなのでとりあえずで過ごされつつも

今までは快適に整理収納を楽しめていたのに

 

 

 

今回の家はものすごく難しい造りで完全に壁にぶつかってしまい、

「どうせ引っ越すし…」と嫌気がさしてしまったそう。

部屋の心地よさは、精神に影響します


この家に越してから、片づけが出来ず何もやる気がおきず

ゴロゴロしてしまって太ってしまわれたんだそうです。

(どれだけ細かったの?というほどスマートで綺麗な奥様です)

 

でも、今後もこういった壁にぶつかっても対応出来るように

今の家で、なんとか解決してきたい!と一念発起されました。

 

 

部屋には今の家では使えない衣装ケースなどが
床置き、山積みにされ、その上に色々と住所のない物が積まれた状態。

 

片付いたら飾る予定だった置物たち。

そんな住所の無いモノ溜まりがアチコチにある…。

奥様はこれがストレスで仕方なかったのです。

 

「使うモノは使いやすく」の原則


外で使えそうな引出し家具がウォークインクローゼットの中に収まっていたので

ベッドサイドに設置して「普段着など良く使うもの」を収めることに。

 

雑然と置かれていたモノ達はウォークインに収まって見えなくなり

外はスッキリ整然とした寝室に。

 

 

出番が少ないスタンバイ品、保管する、処分予定、
の雑多なモノ達をウォークインクロゼットに収納したので
こちらは普段はあまり入る事がない空間となりモノの住所も明確に。

「入った時の景色が違う!そう!ここが凄くストレスだったので
とっても嬉しいです。感激〜!」

「用もないのにやたら寝室へ行ってます!嬉しい!」


とメッセージを頂きました。

クローゼットや納戸といった造り付け収納の使い方も、
ザックリと用途別にまとめるだけで分かりやすい仕組みが出来ます。

 



 

RAKURASHI(らくらし)代表

整理収納アドバイザー/暮らしと片付けコンサルタント

井上知恵子プロフィール

お問合せ、講演のご依頼はこちらより

 

ライン@お友達募集中です!関西にお住まいで家事育児(仕事)に奮闘中のお母さん向けの

片づけ&子育てに関するお役立ち情報や講座の情報を配信しています!
コメントで個別メッセージを頂いた方のみのお得情報もあります。
 

友だち追加